FX入門 FXの儲ける仕組み~FXの上達法

FXの仕組み

 

他の国の通貨を買ったり売ったりしたときに発⽣ する差額によって利益を出すのがFXです。

 

FXでは、担保(証拠金)として少ない資⾦を預けて、他の国の通貨を”買い、あとで売る”または”売りから入って、あとから買い戻す”ことで利益を出すことができます。

 

どちらにしても、取引を行うために担保(証拠金)を預けて通貨をFX会社から借りて取引をすると考えればわかりやすいかもしれません。

 

買って売る場合で⾒てみましょう。

 

例えば、アメリカの通貨1ドルを100円のときに買い、1ドルが110円になった ときに売ると、10円得したことになりますよね。

 

取引する⾦額が1,000円な ら差額は100円に、10,000円なら1,000円に…という仕組みを利⽤して利益を 出すことができます。

 

 

証拠金

 

買って売る仕組みで、1万ドル(約100万円分)を買った場合、1ドル110円になったところでそれを売り10万円の利益を得ますが、1万ドルを買うために100万円の資金そのものを必要とせず、その一部を証拠金として預けて取引を行います。

 

次に売ってから買い戻すやり⽅です。

 

空売りや売りポジションから⼊るという言い方もされます。

 

たとえば、1ドル110円のときに1万ドルを取引したい場合、一部の資金を担保(証拠金)に1万ドルを借りてから売り(円に換算すると110万円)、1ドルが100円になったら、売った1万ドルを買い戻します。1万ドル買い戻すのに必要なお⾦は100万円です。買い戻した後でFX会社に1万ドルを返済 しても、10万円は⼿元に残ります。(もちろん預けた証拠金も戻ります。)

 

このように差額で儲けるのが”空売り・売りポ ジションから⼊る”というやり⽅です。

 

持ってもいないドルを売るというのがわかりづらいかもしれませんが、証拠金として1万ドル分の資金の一部を預けてドルをFX会社から借りて取引を行うと考えるとわかりやすいでしょう。

 

先にお金を担保(証拠金)として預け入れ、預けた資金の何倍もの通貨の取引ができるのがFX「外国為替証拠⾦取引」であり、これが「レバレッジ」と呼ばれる

 

FX取引の特徴の一つとなります。

 

レバレッジについて

 

レバレッジとは、テコの作用に由来する呼び方で、「必要証拠金」の何倍の取引をしているかを示す倍率のことです。

 

レバレッジを効かせることにより、少ない資金で大きな取引を行えるのも、FXの大きな魅力になっています。

 

レバレッジをかけないと

 

例えば、1ドル=100円から1ドル=110円に変わった場合、単純なレート変動による利益は10円だけです。たとえどんなにレートが上がっても、少額の取引には少額の利益しか見込めません。

 

レバレッジを活用しよう

 

FXではレバレッジを利用することで必要証拠金に対し最大25倍の金額の取引を活用することが可能になります(個人の場合)。

 

10,000円しか持っていないのに、250,000円のモノを買うことが可能になるイメージです。

 

このようにFX取引は、少ない資金でもレバレッジでその何倍もの金額の取引ができるのが、大きな魅力なのです。

 

FXではなく外貨の両替で考えた場合、ドル円のレートが1ドル=100円のときに1万ドルの両替をするためには、100万円が必要です。

 

しかし、FX取引ではレバレッジを利用することで、取引金額の25分の1、つまり4万円の必要証拠金があれば1万ドル(100万円)の取引が可能になります。

 

レバレッジがあるから効率の高い投資として認められている

 

資産運用というと、不動産や株式などを持つ一部の人が、高額な資産を投じて運用し、さらに利益を増やすものというイメージがありました。

 

しかし、FXはスタートときの手持ちが少なくても大きな利益を見込むことができます。

 

そのため、誰でも始められる資産運用法として、それまで資産運用とは無縁だった一般の方にも広まり、より多くお金を稼ごうという層にも広まっていったのです。

 

 

 

そおFXの威力は、過去に何度も脱税事件が発生しているように、大きな稼ぎを生む可能性が高い事がわかるでしょう。

FXにおけるリスク

 

あなたがFXの初心者やまだ経験の浅い方であれば、FX取引をするうえでのリスクを

よく理解すれば、よりFXで勝てるようになるでしょう。

 

FXは5つのリスクを知って上達する

FXにおけるリスクとは

 

まず、為替変動によるリスク

 

FXは為替変動を利用して利益を得るのが目的ですが、予想と逆に動いた場合は損失を

被ります。

 

次に、金利変動によるリスク

これはスワップ金利を狙っている場合、たとえば2国間の金利が逆転してしまえば

稼げなくなることもあります。

 

次に、レバレッジをむやみに設定することで、失敗するケース。

 

それから、インターネットで取引しているうえでの物理的なリスク、

セキュリティ上のリスクなど。

 

最後に、信用のリスク

おもにFX会社の信用度のことです。

 

これらのリスクをよくわかったうえでFX取引をすることで、より安全に

より継続的に堅実にFXで利益を得られることでしょう。

 

FXの五つのリスクについては、こちらのレポートに詳しく書かれています。

 

無料ですのでぜひ一読してみてください。

 

FX5つのリスクを知って勝つ方法